ケニアのビジネスを網羅する2週間

¥378,000

2019年2月7日出発予定(最低催行人数10名)

  • スタディツアー
  • ビジネスツアー
  • 海外インターン
  • アフリカ
DTTK-18KENBO-002

東アフリカ最大市場

携帯電話の普及率が約9割、インターネット利用者が人口の約9割、スマートフォンの所持率が約3割と、情報通信業が急速に伸びており、国民の約7割がモバイルマネーを利用しているケニア。

その取引額はケニアGDPの約50%にのぼるなど(参照:JETRO)、著しい発展を遂げています。

経済成長と共に中間所得層の割合が急激に増えており、あらゆるサービスの需要拡大が期待されるため、多くのスタートアップ企業や日本企業がケニアに進出しています。

ビジネスツアーを通して、視察にとどまらず、

アフリカで通用するビジネスモデルやアイディアを発掘して頂く機会にして頂きたいと思います。

DTTK-18KENBO-002

TOUR DETAIL ツアーの詳細

ツアー日程
2019年02月07日 - 2019年02月20日
出発地
東京・羽田
滞在国
ケニア
利用航空会社
エチオピア航空(ET)、エティハド航空(EY)、エミレーツ航空(EK)他
利用ホテル
スタンダードクラス
ツアーコード
DTTK-18KENBO-002
旅行代金
¥378,000

SCHEDULE スケジュール

スケジュール 宿泊地 備考
1〜4日目 東京出発
オリエンテーション
ナイロビ シティツアー(ローカルマーケットからショッピングモールまで)
 ケニア最大のスラムと言われるキベラを歩きます。
 ケニア人による障がいを持った子供や若者を支える団体を立ち上げた女性の講演を予定しております。
 ナイロビは大型ショッピングモールの建設が相次いでいます。
 フランス系の大手スーパーや、グローバルブランドが立ち並ぶショッピングモールで、現代的なナイロビを視察します。
ナイロビ
5〜9日目 現地大学生との交流
 東アフリカ屈指の私立大学学生とのワークショップ
ビジネス視察・体験
 <IT業界>
ナイロビはインキュベーションセンターが充実しており、その中でも有名な施設を使い、
 スタートアップ企業の講義や交流会を予定しております。
 <食品・農業業界>
 100%ケニア産で世界中で注目を集めているレレシュアのワイナリー訪問を予定しております。
 <DMM.Kenya>
 DMM.Kenyaの事業体験など
ナイロビ
10・11日目 アンボセリ国立公園でサファリ アンボセリ国立公園(1泊)
12・13日目 ツアーまとめ・フリータイム ナイロビ
14日目 帰国

INFORMATION お申し込みの前に必ずご確認ください

注意事項

※ 上記内容はより充実したものにするために変更の可能性がございます。